非破壊調査機器:機器リスト

高周波衝撃弾性波法非破壊調査システムAURIS(オーリス) Ⅳ

寸  法:376mm×240mm×119mm

重  量:2.7kg

調査対象:コンクリート構造物、鋼構造物、基礎杭、転石、

     岩盤、グラウンドアンカー

特  長:基礎杭や構造物の形状寸法や内部亀裂を、破壊する  

     ことなく、表面から高い精度で調査可能

     ハンマーによる衝撃波とその反射波を、高周波領域

     の高感度受信センサーで捉え、亀裂幅に応じた特定

     の周波数範囲を選択抽出することで、高精度化


地中レーダ

GSSI/ユーティリティースキャンスマート

寸  法:560×490×320mm(折り畳み時)

重  量:15kg

動作時間:7時間

調査対象:路面・堤防・護岸の地下空洞、地中埋設物、遺跡

特  長:電磁波の反射、屈折、透過を利用し地中構造把握

     1回の送信パルスで1つの受信波形を形成するリア

     ルタイムサンプリング技術等によりノイズを低減

     探査深度を従来の1.5倍に拡大(10mまで可)

     防塵・防水規格(IP65)に準拠した全天候型システム

 

サービス内容

構造物等非破壊調査

高周波衝撃弾性波法非破壊調査システムにより、右図のような明確な波形による探知が可能であり、以下のような多彩な調査ができます。

  • 図面の無い構造物の寸法調査
  • 既存杭の利用に伴う健全性調査
  • 耐震設計に伴う構造物の形状寸法調査
  • 落石防護設計の為の転石、岩盤調査
  • 経年劣化によるアンカーの健全性調査
  • 災害防止のための砂防ダムの健全性調査

地中調査

地中レーダーにより右の写真にような波形を採取可能であり、それによって以下のような調査ができます。

  • 道路、河川時期、港湾、漁港エプロンの空洞調査及び埋設物調査
  • 鉄筋コンクリート構造物内の鉄筋、電線、菅、空洞、ひび割れ等の位置調査

 

 

 


資格

  • オーリス技術資格認定者 3名

実績(今年度)

構造物等非破壊調査

  • 大分市マンション新築工事基礎杭健全性調査
  • 佐賀県基山町法面アンカー調査
  • 福岡市小学校跡基礎杭調査
  • 大阪府泉南郡岬町法面アンカー調査
  • 福岡市橋梁基礎杭先端調査

地中調査

  • 大分市大在公共埠頭岸壁空洞調査
  • 大分市大分港(鶴崎・乙津地区)空洞調査